ザオプションの30秒取引で爆勝ち!最高峰のペイアウト率で実践してみた

ザオプションの30秒取引で爆勝ち!最高峰のペイアウト率で実践してみた
この記事で分かること
  • ザオプションの30秒取引のアップデート内容について
  • ザオプションの30秒取引で稼いだトレード実践結果を公開
  • ザオプションの30秒取引を攻める際に押さえておくべきポイント

2021年12月1日、ザオプションさんからキャンペーン開催のお知らせメールが来ました↓↓

ザオプションから30秒取引のペイアウト率改正についてのメールが来ました

30秒取引のUSD/JPY(米ドル/日本円)が、ペイアウト率2.00倍に上昇。

「これは活かさない手はない!」ということで、さっそく取引で稼がせていただいたのでその結果を公開していきますw

ザオプションは、ハイローオーストラリアに次ぐ2番手と言われることが多いバイナリーオプション業者。「ハイロー以外はゴミ」という先入観を持ってる方もいるかもしれません。

しかし今回のキャンペーンで、明らかにハイローを上回るNo,1に躍り出たと言っても過言じゃないと思いますよ(笑)

ザオプション

ザオプション

  • 専用分析ツールを提供する隠れた優良業者
  • ハイローだけではできない、バイナリー特化の分析が可能に
  • キャッシュバックやドロー返金など細かいお得ポイントも多い

\ 無料デモ取引・口座開設はコチラ /

目次

ザオプションの30秒取引が2021年12月にアップデートしました

ザオプションの30秒取引が2021年12月にアップデートしました

ザオプションさんが今回打ち出したキャンペーンの内容は、以下のとおりです。

  • 30秒USD/JPY取引 1.96倍→2.00倍
  • 30秒スプレッドUSD/JPY 2.00倍→2.05倍

銘柄はUSD/JPYのたった1つですが、30秒取引のペイアウト率がそれぞれ上方修正。

ザオプションさんのメールにも書いてある通り、「最高峰」のペイアウト率になっていると思います。これ以上に高いペイアウト率の30秒取引を、僕は知りませんw

シンプルに、予想的中したときに獲得できる金額が増えるってのは嬉しいですよね。

30秒取引に関してはザオプションが断トツNo,1に

今回のザオプションによるキャンペーンは、明らかにハイローオーストラリアを意識しているような気がします。

両者の30秒取引、銘柄ごとのペイアウト率を比較すると以下のとおり。


ハイロー

ザオプション
USD/JPY2.00倍1.96倍→2.00倍
それ以外の銘柄1.95倍1.96倍
30秒取引のペイアウト率の違い

はい。実は30秒取引のUSD/JPYのペイアウト率を最初に2.00倍にしたのはハイローオーストラリアなんですよね。

今回、そのあとを追う形でザオプションがテコ入れをしたって感じです。

結果、USD/JPYではペイアウト率が同じ、そしてUSD/JPY以外の銘柄ではザオプションの方が0.01倍上回っており、これが業界最高峰ということなのでしょう。

たかが0.01倍とは言え、何度も取引するとかなり大きな差になりますからね…w

ハイローとザオプション、30秒取引の覇権をめぐってアプデ合戦

もう少し深掘りしていくと、ハイローオーストラリアとザオプションは、お互いに30秒取引に関して「相手の出方をうかがいつつの上方修正」を図っています。

具体的には以下のとおり。

ザオプションが30秒取引のペイアウト率を1.90倍に設定

ハイローオーストラリアが30秒取引のペイアウト率を1.95倍に設定

ザオプションが30秒取引のペイアウト率を1.96倍に上方修正

ハイローオーストラリアがUSD/JPYに限り2.00倍に上方修正

ザオプションもUSD/JPYのペイアウト率を2.00倍に上方修正

こんな感じで、お互いがお互いを少しだけ上回るよう、修正を繰り返してきている現状です。

トレーダーとしては非常に良いサイクルですよね。この2つの業者がライバルであり、お互いに企業努力をしてくれれば、僕らのチャンスが広がるってわけです。

つまり。こういったキャンペーンが打ち出されたら、その業者で大きく稼ぐチャンスってことなのですよ(笑)

現在は、30秒取引のお得さで言うとザオプションに軍配が上がっているってところですね。

30秒取引のアップデートは期間限定です

30秒取引のアップデートは期間限定です

メールにも記載がある通り、今回のザオプションの30秒USD/JPYのペイアウト率上方修正は「12月1日より期間限定」で行われています。

終了日が書かれていないため、いつ元の1.96倍に戻るかは不明。

お得に取引をしようと考えている方は、お早めにザオプションへの登録を済ませておくのがいいかも知れません。

お早めにザオプションへの登録を済ませておくのがいいかも知れません

…とはいえ、ハイローもザオプションも「期間限定!」と言っておきながらずーっとキャンペーンを続けてくれる事がほとんどなんですよね。

実を言うと、ハイローのUSD/JPYペイアウト率2.00倍についても、最初は期間限定という形で発表されていました(笑)しかし、開催から3ヶ月以上が断った今もなお継続中ですw

今回のザオプションのキャンペーンも、ハイローが終了しない限り長く続けてくれるかもしれませんね。

ザオプションの30秒取引で実践してみた【ペイアウト2.00倍の威力はスゴイ】

ザオプションの30秒取引で実践してみた【ペイアウト2.00倍の威力はスゴイ】

ではでは、実際にザオプションの30秒取引で、USD/JPYを中心に取引をした結果を公開していきますね。

ペイアウト率2.00倍のうま味を存分に味わいつつ、取引のコツなんかも整理してみました。

  • 1回目:トレンド順張りで勝ち
  • 2回目:ノイズ逆張りで勝ち
  • 3回目:RSIの反発点を使って勝ち

こんなトレードを展開してみました。

業者に関係なく役に立つと思うので、ちょっと取引結果をご覧くださいな。

30秒(USD/JPY)取引1回目

まずは、非常にシンプルに「チャートを見て、トレンドに乗っかる形でエントリー」するという手法を試してみました。

…というか、いつもやってることなんですけどね(笑)

ザオプションの30秒USD/JPYのチャートに上昇トレンドを確認

ご覧のように、ザオプションの30秒USD/JPYのチャートに上昇トレンドを確認。

ここでHighにエントリーし、30秒の間だけトレンドが継続してくれれば予想が的中し、2.00倍のペイアウトを獲得できるっていう寸法でございますw

ザオプションの30秒取引でHighにエントリー

見づらいんですけど、チャートに矢印のマークがつきましたよね。これが、ザオプションでポジションを取ったときに表示されるマークです。

あとは、30秒の間チャートが上向きに動き続けるのを祈るのみ…!

ザオプションの30秒取引でHigh予想的中!

はい。勝ちました。5000円を掛け金としていたので、2.00倍のペイアウトで1万円ゲット。

いつものザオプションの30秒取引なら、獲得できる金額は9800円なんですが…一撃1万円はやっぱり嬉しいですねw

キャンペーンによるペイアウト率上昇は、マジで狙うしかないと思いますよw

30秒(USD/JPY)取引2回目

続いては、30秒取引によく出現する「ノイズ」を逆利用したトレード戦略を実践してみます。

ノイズとは、これのこと↓↓

ザオプションの30秒取引にノイズが発生している様子

30秒取引ではチャートが荒いので、急な値動きがチャートの急変動として表れやすく、これをノイズと言って「予測不能な急変動」ってところですね。

ただこのノイズ、発生後はもとの位置にすぐ戻ることが多いという特徴があるんです。

ザオプションの30秒取引に下方向へのノイズが起き、すかさず逆張りでHighにエントリー

ザオプションの取引画面で30秒USD/JPYをじーっと眺めていたところ、チャートに下向きのノイズが発生しました。ほぼチャートが直角に、ストンと落ちましたよね。

ここで、すかさずHighにエントリーして、元のラインへ戻ることに期待します。

ザオプションの30秒取引でノイズ逆張りしHigh予想的中!

はい。見事勝利。ノイズに対する買い戻しの勢力が強くなり、チャートが上方向へと戻ってくれました。

今回も1万円のペイアウトゲット。ありがとうございます(笑)

ノイズ逆張りというトレード手法は、ノイズ発生をジッと待つ我慢強さと、ノイズに対しすかさずポジションを取る瞬発力が必要です。

忙しいサラリーマンとかにはちょっと難しいかも知れませんが…わりとゲーム感覚で取り組める手法なので、覚えておいて損はないですよ。

ではでは、続いての取引へと進みましょう。

30秒(USD/JPY)取引3回目

続いては、ザオプション最大の魅力である「デスクトップアプリ」を使ってテクニカル分析をしてみました。

僕がザオプションをサブとして使っている理由がこれでして、ハイローではMT4など外部のツールを使わないと分析できないのがイマイチなんですよね…。

ザオプションのデスクトップアプリにRSIを引く
ザオプションのアプリでRSIを引いた画像

↑ザオプションのアプリを立ち上げ、USD/JPYのチャートにRSI(相対力指数)というインジケーターを表示させてみました。

RSIの使い方はシンプルで、ラインが「20~30」まで下がったら売られすぎ、「60~70」まで上がったら買われすぎを示唆しているものです。

つまり、RSIが上または下に大きく振れたところで、逆張りエントリーすればOK。

ザオプションの30秒取引USD/JPYでRSIが70%くらいまで上がっている

USD/JPYの相対力指数が60~70を上回り「買われ過ぎ」を示しています。

これにより、先ほどのノイズと同じようにチャートを下方向へと押し戻そうとする勢力が強まるので、Lowにエントリーしましょう。

ザオプションの30秒取引USD/JPYにLowエントリー

今回は分かりやすさのためザオプションの取引画面に切り替えてエントリーしましたが、ザオプションのアプリからも直接エントリーできます。これがタイムラグもなく便利。

結果はコチラ!

ザオプションの30秒取引USD/JPYでLow予想的中!

はい。それまで上がっていたチャートが下向きに動き、Low予想を的中できました。

今回もペイアウト率2.00倍で、1万円ゲットです。3連勝でトータル15000円勝ち!

というわけで、ザオプションの30秒USD/JPY取引でサクサクっと利益を出してみました。

結局のところ、ペイアウト率は高ければ高いに越したことはないわけで…2.00倍に上がっている今、ここを攻めない理由はないと思います。

また、ハイローと違って専用の分析アプリがあるので、より勝率を高くキープできますよね。もはや30秒取引はザオプションだけ使っていればOKと言えるレベル(笑)

バイナリーオプションの攻略には、ザオプションのデスクトップアプリは欠かせません。

ハイローオーストラリアとザオプションは併用すべき!両者を徹底比較の記事でも語っているとおり、ザオプションのアプリで分析し、ハイローオーストラリアでエントリーするという戦略も押さえておけば、30秒取引以外でもより高いペイアウト率で勝負ができますよ。

なかなか勝てないという方は、分析アプリ目当てでザオプションをサブ開設してみてくださいね。

なかなか勝てない方におすすめのザオプションデスクトップアプリ

ザオプションの30秒取引を攻略するときに押さえておくべきポイント

ザオプションの30秒取引を攻略するときに押さえておくべきポイント

僕が個人的に「稼げたよ!キャンペーン最高~!」と騒ぐのはここまでにして、ザオプションの30秒取引の攻略ポイントについて整理していきます。

今回の実践で改めて分かった、稼ぐために重要なことは以下。

  • やっぱり今はUSD/JPYを中心に攻めるべき
  • アプリの「10秒足チャート」は絶対に使おう
  • 30秒取引に関してはもうハイローは不要かも

もうすでにお話ししてしまってることもありますが、改めてご確認くださいね。

ザオプションに登録する前に読んでおけば、30秒取引で1発目から勝ちを拾いに行けると思いますよ。

やっぱり今はUSD/JPYを中心に攻めるべき

やっぱり今はUSD/JPYを中心に攻めるべき

まあ、やっぱりペイアウト率2.00倍は強いですよね(笑)

もし1.96倍だった場合と比較すると、利益の大きさが違うことが分かると思います↓↓

勝利数ペイアウト1.96倍ペイアウト2.00倍
1勝+2880円+3000円
2勝+5760円+6000円
3勝+8640円+9000円
4勝+11520円+12000円
5勝+14400円+15000円
(例)掛け金3000円の場合

とまあこんな感じで、勝てば勝つほど、2.00倍の偉大さに気付けるという…w

もちろん1回や2回では微々たる差ですが、この辺を意識せず取引してるとそれこそ養分になってしまうので、きっちり最大の期待値を追うのが大切かなって。

あと、USD/JPYってわりと誰にでもとっつきやすい銘柄ですしね。日本時間の夕方~夜であれば、ニューヨーク市場のオンタイムと重なるので値動きも大きく、トレンドが発生しやすいのもメリットです。

というわけで、ザオプションの30秒取引、まずはUSD/JPYをひたすら攻めまくるのが1番効率的かなーと思いますよ。

ザオプションのデスクトップアプリで30秒取引〝特化〟の分析をしよう

なぜザオプションのアプリが優秀かって、「10秒足」の超・短期チャートを搭載しているからなんですよね。

MT4やTradersViewでは、どうしても1分足までのチャートしか見れず、30秒取引の分析には向きません。

MT4では1分足までのチャートしか表示できない

というか、そもそもFX用ツールであるMT4を、バイナリーオプションの分析に無理やり使うのってイマイチすぎますよね。用途が違うんだから…w

ザオプションのデスクトップアプリなら、10秒足のチャートを表示できる

↑10秒足チャートは、MT4などのツールでは表示できない「バイナリー特化」のチャートです。

30秒取引を攻めるなら、ザオプションのデスクトップアプリで10秒足チャートを表示し、これを使ってテクニカル分析をするのが1番勝率が高い。

30秒取引に対応したチャートを用意しているのは、現状ザオプションのアプリだけのはずです。これを知っているかいないかで、わりと運命が決まるってくらい重要(笑)

こちらで分析し、エントリータイミングを見計らってアプリ上から取引スタートすればOK。

ハイローだけを使ってた方からすると、全く新しいバイナリーオプションへの取り組み方を知ることができると思いますよ。

30秒取引だけはハイローオーストラリアでなくザオプションを使うべき

僕は、普段ザオプションのアプリで分析し、実際のエントリーはハイローオーストラリアで行うようにしていました。

しかし今回のキャンペーンで、30秒取引に関してはザオプション1つあれば最善のトレードができるようになったわけです。

  • ペイアウト率はハイローより高い
  • 分析もできる
  • 分析後、そのまま取引もできる

ということで、今後バイナリーオプションの30秒取引を攻める場合は、ザオプションの一択というのが常識になりそう。

30秒取引という忙しいトレードで、画面を切り替えずに済むというのは最高ですw

なお、もちろんハイローを捨てる気はさらさらなくて。3分取引や5分取引などに関しては、以前ハイローオーストラリアの方がペイアウト率が高いですしね。

分析はもちろんザオプションのアプリで行いますが、取引時間や銘柄によってはまだまだハイローオーストラリアも現役ですw

ひとまず、2つの業者を並行して使うことで多くのメリットが得られることが、このブログを通して伝わっていれば何よりでございます(笑)

まとめ|ザオプションの30秒取引はバイナリーオプション業界の最高峰

まとめ|ザオプションの30秒取引はバイナリーオプション業界の最高峰
本記事のまとめ
  • ザオプションの30秒USD/JPYのペイアウト率が2.00倍に上昇
  • 期間限定&終了日未定なので取引したい方はお早めに!
  • 30秒取引に関しては、ザオプションが覇権を取りました

ネットを見てると「業者は絶対ハイロー!」とか「いやいや、ザオプションを使うべき!」とかって色々な意見がありますよね。

まあ気持ちはなんとなく分かるんですけど…。

いや、1つに絞る必要なくない?どっちも使って、より稼げるようにすればそれで良くない?

と思ってしまうんですよwだってそっちの方が合理的じゃないですかw

ネットの情報だけを信じてもなかなか稼げなくて、いつしか自分の思うとおりに2業者を並行して使う」というちょっと変わったトレードスタイルを確立して、それで稼げるようになった僕としては、これが最適解だと思うわけです。

ということで、今回はザオプションの30秒取引がアツくなったんで、こっちメインで取引をしました。

またある日には、ハイローで全然別のトレードをしてその結果をブログに書いたりしてますので、ぜひまたご覧いただけたら嬉しいです。

ではでは。

ザオプション

ザオプション
  • 30秒取引USD/JPYのペイアウト率が2.00倍に!
  • 専用の分析ツール「デスクトップアプリ」を完備
  • 当サイト経由の登録で特典もあります

\10回取引で5000円キャッシュバック(当サイト限定)

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる