バイナリーオプションにMT4は不要!使うべきじゃない理由と代替案

バイナリーオプションにMT4は不要!使うべきじゃない理由と代替案
この記事で分かること
  • バイナリーオプション攻略にMT4は使うべきじゃない理由
  • バイナリーオプションではMT4ではなく「専用ツール」を使うべき
  • MT4より100倍使いやすいザオプションのデスクトップアプリについて

バイナリーオプションの分析に、MT4(メタトレーダー4)はおすすめできません。

もっと良いツールがあるので、そちらを使ったほうが絶対に良い結果を生みますよ。

僕自身も、投資のプロによる攻略情報ブログなどを見ながら、必死にMT4を操作してバイナリーオプションで稼ごうとしました。しかし勝てない。…似たような境遇の方、いますよね?w

使うべき分析ツールはこっち↓↓

ザオプションのデスクトップアプリ

ザオプションのデスクトップアプリ
  • バイナリーオプション「専用」の分析ツール
  • 登録さえすれば無料でダウンロード可能
  • バイナリー特化のチャートとインジケーターを完備
  • 分析からそのまま同一画面でエントリーも可能

「なかなかバイナリーオプションで分析が上手くいかない…」という悩みを、一撃で解決できるヒントとなるかもしれません。

MT4を使ってるのに稼げていない方には、わりと耳寄りな情報のはずですよ(笑)

目次

バイナリーオプションの攻略にMT4がイマイチおすすめできない理由

バイナリーオプションの攻略にMT4がイマイチおすすめできない理由

まずは「MT4のここがダメ!」という点について解説をしていきます。

もちろんMT4(メタトレーダー4)というツール自体はとても有用ですし、高性能ですし、だからこそ皆が使ってるわけですよね。

ただしこのMT4、バイナリーオプションとは相性が悪いなーって僕は強く思っていて。

MT4がおすすめできない理由
  • そもそもFX用のツールである
  • エントリー機能がない
  • 30秒取引に対応していない
  • 実際のチャートとズレがある
  • とにかく使いにくい

とまあこんな感じで、バイナリーオプションの分析をMT4でやると、色々と不都合が多いって話なんですよね。

順番に深堀りしていくので、まずはMT4の抱える問題点をハッキリさせておきましょう。

MT4の短所①そもそもFX用のツールである

MT4のダメな所を一言でいうとコレ。

まあ仕方のないことなんですが…MT4とは「FX用の分析・取引ツール」なわけで、そもそもバイナリーオプション向けには作られていません。

もっと言うと、FX用にアレコレ搭載されている機能が、バイナリーオプションをやりたい僕らからすると「邪魔なだけ」なんですよね(笑)使い勝手の悪さは、コレが原因だと思うのです。

  • インジケーターの数が多すぎる
  • FX用の自動売買機能のせいで動作が重い
  • バイナリーで取り扱っていない銘柄のチャートもある

「こんな余計な機能いらないから、もっとサクサク動いて簡単な操作のツールを開発してくれぇ!」という話になって当然なんです。

MT4でバイナリーオプションを攻略しようとするのは、野球で言えばキャッチャーがピッチャー用のグローブを装備して試合に出ているのと同じ。

細かいところに不都合が生じるのは間違いないかなって。

MT4の短所②エントリー機能がない

MT4はどこのバイナリーオプション業者とも繋がっておらず、ツール上からは絶対にエントリーできません。FXならいくらでも分析→そのままエントリーできるんですけどね…。

MT4で分析してエントリーポイントを決めたあと、わざわざバイナリーオプションの取引画面に切り替える必要性が出てきます。

これ、ようは「タイムロス」が痛すぎるっていう話でして…。

  1. MT4で「ここぞ!」というタイミングを確認
  2. バイナリーオプションの取引画面に切り替え
  3. エントリーボタンを押す前に、レートが変わってしまう

↑こんな感じで、画面切り替えの間にチャンスを逃すことも多いわけです。

特に、30秒や1分などの短期トレードでは、一瞬のタイミングの違いで勝ち負けが決まる部分もあるじゃないですか。

分析してそのままエントリーができない時点で、かなり無駄が多いんですよね。

MT4の短所③30秒取引に対応していない

メタトレーダーには最短でも1分足のチャートしか用意されていない

MT4には、1番短いものでも「1分足」のチャートまでしかありません。

つまり、バイナリーオプションの最大の目玉である「30秒取引」には全然対応してくれていないってこと。

この記事を読んでくれているアナタは、恐らく普段はハイローオーストラリアで取引しているでしょう。高ペイアウト率の30秒取引を攻めたくなったことだって、絶対にあるはず。

しかし、MT4しか持っていないと、30秒取引の正確な分析ができません。

一応、1分足のチャートを応用的に使い、30秒取引で稼ぐバイナリーオプショントレーダーもいるにはいるみたいですけどね…。

そんな難易度の高い分析方法じゃなく、素直に30秒足のチャートがあるツールを使ったほうが良いと思うんですw

MT4の短所④実際のチャートとズレがある

残念ながら、MT4を使ってバイナリーオプションの分析をしても勝てるとは限りません。

僕自身、頑張ってMT4で分析をしたのに「あれ?負けた…?MT4では勝ってたはずなのに?」という場面が、わりと頻繁にあったんです。

というのも、ハイローオーストラリアとMT4、チャートにズレがあるんですよね。

メタトレーダー上ではUSD/JPYの価格は114.665
メタトレーダー上でUSD/JPYの価格は114.655
ハイローオーストラリアのチャートではUSD/JPYの価格は114.654
ハイローオーストラリアのチャート上ではUSD/JPYの価格は114.664

これはどちらが悪い・どちらかが不正をしているなどの話ではなく、ハイローとMT4ではレート配信会社が違うため、チャートに若干のズレがあるみたい。

画面切り替えが面倒なだけでなく、シンプルに「分析が無意味になる」可能性あり。MT4のチャートは、あまり信用しすぎないほうが良いですよ。

僕はこの事実に気付いてから、MT4ではバイナリーオプションを攻略できる気がしなくなってしまったわけですw

MT4の短所⑤とにかく使いにくい

メタトレーダー4でチャートにボリンジャーバンドを設定している画面①
設定したいインジケータ(例としてボリンジャーバンド)を選択して…
メタトレーダー4でチャートにボリンジャーバンドを設定している画面②
詳細な設定(期間や偏差、バンドの色や太さなど)を決めて…
メタトレーダー4でチャートにボリンジャーバンドを設定している画面③
MT4にボリンジャーバンドを引きました

…何をどうやっても使いにくい!!!w

たった1本インジケーターを引くのにも、複雑な操作が必要です。

あと、チャートの色や太さとかまでしっかり指定しないと、見づらくて使いものにならないのもかなりストレス。

もちろん「え?こんなもんじゃないの?」という感覚でMT4を使ってる方もいるとは思います。また、MT4を提供しているFX業者によっても使いやすさが若干変わったりしますね。

ただですね…。騙されたと思って、後でご紹介する「専用の分析ツール」を試してみて欲しいのです。

MT4が、明らかにバイナリーオプションの分析には不向きってことに気付けると思いますからw

バイナリーオプションではMT4ではなく「専用分析ツール」を使うべきなのよ

バイナリーオプションではMT4ではなく「専用分析ツール」を使うべきなのよ

というわけで、色々な理由からMT4はバイナリーオプションの分析ツールとしてはイマイチ。よっぽどMT4に慣れているプロくらいしか使いこなせないと思います。

「じゃあ初心者はどのツールを使って分析すれば良いのよ?」という話になってくると思うので、僕なりの解決案をお伝えしますね。

結論、バイナリーオプションの分析は、バイナリーオプション業者の専用ツールで行いましょう。

  • ザオプションのデスクトップアプリがあればMT4など不要です
  • MT4とデスクトップアプリ、機能や使用感を比較してみる
  • ザオプションで分析しハイローでエントリーするのもあり

こんな内容を語っていきますね。

ザオプションのデスクトップアプリがあればMT4など不要です

記事の冒頭でもご紹介しましたが、ザオプションというバイナリーオプション業者が開発した「デスクトップアプリ」を使うのがおすすめ。

まさに、バイナリーオプションに特化した分析ツールです。

ザオプションのデスクトップアプリのチャート画面
ザオプションデスクトップアプリのチャート画面(最大4分割まで)
デスクトップアプリの入手方法
  1. ザオプションに無料登録・ログイン
  2. 専用ページからPCにアプリをダウンロード
  3. ログイン画面でIDとパスワードを入れて準備完了

※Windows限定です。

なお「ザオプションなんて業者、知らないんだけど…」という方もいると思います。

業界では「ハイローオーストラリアに次ぐ永遠のNo,2」みたいに言われてたりもするんですが…w

ザオプションの評判は?ハイローのサブ口座として優秀な口コミ多数!の記事でもまとめたとおり、ザオプションはわりと最近評判の良い業者です。アプリ目当てで登録しておくのは全然ありかなって。

MT4を使っても勝てない方は、ぜひコチラでバイナリーオプション特化の分析をしていきましょう。

MT4とデスクトップアプリ、機能や使用感を比較してみる

分析ツール
MT4


デスクトップアプリ(TheOption)
インジケーター約80種類
(バイナリーでは使えないもの多数)
11種類
(バイナリーでよく使うものみ完備)
ツールでのエントリー操作できないできる
30秒足チャートなし
(最短でも1分足まで)
あり
(最短10秒足のチャートが用意されている)
実際の価格とのズレややありなし
(ザオプションの取引チャートと連動)
総合評価・使いにくい
・イマイチ勝てない
・使いやすい
・わりと勝てるようになった!

↑こんなところですかね。

MT4を使っていて感じた不満を、ザオプションのアプリに切り替えただけでほぼ全て解消できたって感じです。

初心者の方って、いきなりMT4で分析しようとしてもややこしくてわけがわからなくなっちゃうと思うんですよ。

「MT4ムズすぎ…。もういいや、何となくで取引しちゃえ!」って感じで、分析そのものを放棄、運ゲーでエントリーして負けまくってる方も多い。はい、過去の僕です(笑)

そんな僕でも使いこなせるくらい簡単でシンプルな設計なので、MT4よりもスッと手に馴染む感覚があるのかも知れません。

ザオプションで分析しハイローでエントリーするのもあり

ハイローオーストラリアとザオプションは併用すべき!両者を徹底比較の記事でも語っていますが、僕は①ザオプションのアプリで分析→ハイローでエントリーという戦術をよく使います。

これが、バイナリーオプション攻略の最適解だと思うんですよね。

ザオプションのデスクトップアプリでボリンジャーバンドを使いエントリータイミングを決定
ボリンジャーバンドの+2σのラインにチャートがタッチ

ザオプションのデスクトップアプリで分析、エントリーポイントを見つけて…。

ハイローオーストラリアでLowエントリーし予想的中
逆張りでLowにエントリーし、予想的中

よりペイアウト率の高いハイローオーストラリアに切り替えて取引。これで勝率も安定し、なおかつ利益も最大化できるって感じです。

もちろん、てっとり早くザオプションでそのままエントリーする方がミスもないし、タイムロスも減るのでより安定するはず。最初のうちはザオプションにも少し資金を入れておくのも良いと思います。

慣れてきたところで、ハイローオーストラリアでのエントリーにも挑戦してみてくださいね。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

  • 業界No,1のペイアウト率
  • 稼ぐためのエントリーはここで間違いなし
  • 分析ができないものの、必ず持っておきたいバイナリー口座

\ 無料デモ取引・口座開設はコチラ /

ザオプション

ザオプション

  • 専用分析ツールを提供する隠れた優良業者
  • ハイローだけではできない、バイナリー特化の分析が可能に
  • キャッシュバックやドロー返金など細かいお得ポイントも多い

\ 無料デモ取引・口座開設はコチラ /

まとめ|バイナリーオプションはMT4なんて使わない方が100%合理的

まとめ|バイナリーオプションはMT4なんて使わない方が100%合理的
本記事のまとめ
  • MT4はバイナリーオプションの分析にはイマイチ向かない
  • バイナリーオプション「専用の」ツールのほうが100%おすすめ
  • ザオプションに登録すると無料で専用アプリをDL可能なのでやってみよう

ぜひ真似してほしい、バイナリーオプションの〝正しい〟分析の仕方について解説してみました。

ネットを見てると、MT4で高度な分析をしては稼ぐバイナリーオプションのプロ(?)による解説がたくさん並んでますよね。

アレ、結局は「すでにFXでも成果を上げており、MT4の扱いに長けた上級者」が自分語りをしているだけっていうことに最近気付きまして(笑)だから真似しても稼げない…。

MT4なんていう使いづらいツールではなく、もっと簡単なツールでしっかり分析をするほうが良いと思います。

それでは、またお会いしましょう〜!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる