ハイローオーストラリアは両建て禁止!?秘密の裏ワザを試してみた

ハイローオーストラリアは両建て禁止!?秘密の裏ワザを試してみた
この記事で分かること
  • ハイローオーストラリアで両建てをすると口座が凍結する
  • ハイローオーストラリアで合法的に両建てをする裏技
  • ハイローとザオプションで「隠れ両建て」を試してみた結果

バイナリーオプションにおいて「両建て」とは、HighとLowの両方に同時にエントリーする手法のことを指します。

どちらかが必ず的中するため、確実に利益が出る方法として有名になりました。

しかしハイローオーストラリア側の対策として、2020年にこの両建てエントリーが全面禁止に。現在、両建てをすると違反扱いとなり、口座が凍結するリスクがあるんですよね。

それでも、確実に勝てる両建てを使ってハイローオーストラリアでラクに稼ぎたい…!

ということで、ちょっとした裏技を使い、ハイローオーストラリアで違反とならない形で両建てエントリーを実践した結果を公開していきます。

目次

ハイローオーストラリアは両建て取引が禁止です【やっちゃダメ】

ハイローオーストラリアは両建て取引が禁止です【絶対にやっちゃダメ】

さっそくハイローオーストラリアで両建てをする裏技についてご紹介したいところですが…その前に、初めての方に向けて説明したいことがいくつかあるんですw

※実践結果は記事の後半にまとめましたので、先に読みたい方はジャンプしてください。

冒頭でも触れた通り、ハイローオーストラリアでは現在、両建てエントリーを全面禁止にしています。両建てで荒稼ぎされると、経営が成り立たなくなるから。

まずは両建てについての正しい理解のために、以下の3点についてざっと解説していきますね。

  • 両建てすると、ハイローオーストラリアから口座凍結されます
  • ハイローオーストラリアの両建てについては、古い情報も多い
  • そもそも、なぜハイローオーストラリアで両建てが流行ったのか?

では、さっそく本題へと進んでいきましょう。

両建てするとハイローオーストラリアの口座凍結リスクあり

ハイローオーストラリアの利用規約に「両建て禁止」と書かれている

ご覧のように、ハイローオーストラリアの禁止事項の中に「両建取引」のワードが追加されてます。

これらの禁止事項を破ってしまうと、ハイローオーストラリアから口座凍結という名の追放処分をくらうことに。

一応、ハイローオーストラリアではこの両建て以外にも禁止事項があるので確認しておいてください。

ハイローオーストラリアの禁止事項
  • 自動売買ツールの使用
  • アービトラージなどの使用
  • 口座への二重登録
  • 連打エントリー
  • マーチンゲール法など危険な賭け方を繰り返す行為など

というわけで、現状ハイローオーストラリアでの両建てエントリーは禁止されてるってことをまずは覚えておきましょう。

ハイローオーストラリアの両建てについて古い情報も多い

ネット検索をすると、いまだに「ハイローオーストラリアは両建てで楽々稼げるよ~!」みたいな、古い情報をドヤ顔で語っているサイトも多くあります。

それを信じて両建てをして口座凍結されても、サイト運営者は責任など取ってくれないわけで…。

  • 古い情報を残したままのサイト
  • ハイローの規約改定をチェックしていない
  • そもそもハイローの宣伝だけが目的で、ほとんど利用していない
  • 両建てが禁止されてるのを知っていながら、面倒くさがって情報を更新しない

とまあこんな感じで、今でも両建てが合法だと語るようなサイトなんて、信じるに足らないクソサイトってことを1つお伝えしておきたいんですw

ハイローオーストラリアの利用規約やルールは、わりと頻繁に変更されるものです。というか投資業者は日ごろから運営の見直しを図っているものなので、サイトを運営するならそれをしっかり追いかけないといけないはずなんですけどね…w

両建てに限らず、ハイローオーストラリアを使うなら情報が最新のものか随時チェックしていくのが良いかなって。

そもそも何故ハイローオーストラリアで両建てが流行ったのか?

ハイローオーストラリアのTurbo30秒スプレッド取引はペイアウト率が2.30倍と高く、両建てとの相性が良い

上記のとおり、ハイローオーストラリアの30秒スプレッド取引はペイアウト率が2.30倍です。これは全業者中断トツで、はっきり言って破格の数値。

これに目を付けたトレーダーが「両建てすれば、勝ち負けを相殺しても0.30倍の分、必ず儲けられるじゃん!」ってことに気付いたわけです。

当時は、ハイローオーストラリアで両建てをすればほぼ誰でも稼げるっていう異常事態になっていたみたい。

ハイローオーストラリア運営さんも利益を出さなきゃ潰れてしまうわけでw初心者だろうと勝ててしまう両建てエントリーが禁止扱いになるのも当然の話なんです。

とまあこんな流れで、ハイローオーストラリアの両建て攻略が一時期トレンドになっていた感じ。

ただし、繰り返しですが2021年現在、両建ては完全に禁止とされているので絶対にやらないようにしてくださいね。

どうしても両建ての威力を体験したい方も、必ずデモ取引で「へぇ…すげえじゃんコレ」ってのを味わう程度にとどめておきましょう(笑)

ハイローオーストラリアは両建て禁止!やってみたい方もデモトレードまでにしておきましょう

ハイローオーストラリアで両建てできる唯一の「裏ワザ」があるのよ

ハイローオーストラリアで両建てできる唯一の「裏ワザ」があるのよ

大変長らくお待たせしましたが、ここからがこの記事の本題です。

利用規約に記載され、そのままでは絶対に両建てエントリーが認められていないハイローオーストラリアですが…唯一、合法的に両建てする方法が1つだけあります。

それが、ハイローオーストラリアと「もう1つ業者」を用意し、片方でHigh、もう一方でLowにエントリーする方法。

  • ハイローオーストラリアで両建ては禁止
  • ハイローでHigh、他業者でLowに賭けるのはOK
  • どちらの業者も「通常通りエントリーした」ように見える

僕個人的に、これを「隠れ両建てエントリー」と読んでいるわけですw

まあちょっと運営さんの裏をかくような形になってしまうわけですが、利用規約のどこを読んでも「ウチ以外の業者を使うな!」なんて書かれていないので違反ではないはず。

ということで、具体的にやり方を見ていきましょうか。

ハイローオーストラリアともう1つの業者を使い両建てすれば良い

ハイローオーストラリアでHighエントリー
ハイローオーストラリアではない業者(ザオプション)でLowエントリー

ご覧のように、ハイローオーストラリアではHighにエントリー。そしてもう1つの業者でLowエントリーするというのが隠れ両建てのやり方です。もちろん逆パターンもあり。

2つの画面を行き来して、できるだけ間隔を開けずにエントリーしないといけないので、ちょっと大変なんですけどねw

ただ、この方法なら利用規約に引っかかることはないので、試す価値はあると思っています。

ペイアウト率がハイローオーストラリア並みに高い業者を使おう

両建てのデメリットとして「どちらか片方はほぼ必ず負ける」という点があります。

そのためペイアウト率が低い業者を相方に選んでしまうと、両建ての意味が無くなってしまうんですよね。

業者ペイアウト率勝敗収支
ハイローオーストラリア2.30倍負け1000円→0円
他の業者1.95倍勝ち1000円→1950円
(例)ペイアウト率2倍未満の業者を使って両建てした場合

ご覧のように、ハイロー側で負けてしまうと収支マイナス。両建てをするには、もう1つの業者についても最低2.00倍以上のペイアウト率が必須なわけです。

そこで、僕がハイローオーストラリアの相方として使っているのがザオプションという業者。

両建てをする、ハイローオーストラリアの相方としておすすめな業者がザオプション
  • 最高ペイアウト率2.00倍
  • ワンクリック注文OKなので両建て向き
  • ハイローに次ぐNo,2の利用者数

スプレッド取引のペイアウト率が2.00倍ある数少ない業者のため、ここと併用すれば両建てで収支がマイナスになることはありません。

隠れ両建てエントリーをする場合、まずは第一候補に上げるべき業者かなって思ってます。

「隠れ両建て」がほとんど紹介されていない理由

今ご紹介した「隠れ両建て手法(仮名)」は、あくまでもハイローオーストラリアだけではなく、2つの業者を併用することが絶対条件になってますよね。

しかし他サイトはとにかくハイローの宣伝をして紹介料を稼ぎたいだけなので、この方法(=ハイロー以外の業者を使う方法)を思いつかないんですw

まあ、ステマサイトなんてどこもそんなもんです。結局、二番煎じの情報をそれっぽく書いてるだけ…。

僕は、ハイローオーストラリアだけではなく「使える業者は何個でも使うべき」というスタンスで日々トレードをしています。詳しくは以下の記事でもアツく語ってますので、ぜひ読んでみてほしいw

というわけで、ハイローオーストラリアのステマに走るような宣伝サイトには、この「隠れ両建て」について書かれていないことがほとんど。

この記事の投稿日よりも後に、似たような攻略法を語っている記事を見かけたら、オリジナルではなくパクリだと思ってくださいな(笑)

ハイローオーストラリアを「隠れ両建て」で攻略してみた結果

ハイローオーストラリアを「隠れ両建て」で攻略してみた結果

では、ハイローオーストラリアとザオプションを使い「隠れ両建てエントリー」を何度かやってみたので結果を公開していきます。

今日からでも真似できるよう、PC画面のスクリーンショットを撮っておきました。

ザっとトレード結果を一覧にすると、以下のとおり。

  • 1回目:ハイローオーストラリア側で勝ち
  • 2回目:ザオプション側で勝ち
  • 3回目:ハイローオーストラリア側で勝ち

順番にご覧くださいませ。

両建て1回目:ハイローオーストラリア側で勝ち

両建て実践1回目:ハイローオーストラリアでHighエントリー
両建て実践1回目:ザオプションでLowエントリー

こんな感じで、できるだけ間隔を開けず、スピーディに両業者でエントリー。

チャートがやや上向きになっていたので「どちらかというとHighかな…?」という予想をし、よりペイアウト率が高いハイロー側でHigh、ザオプションでLowに賭けてみました。

ハイローオーストラリア側でHigh予想が的中
ザオプション側でLow予想が外れ
  • ハイローオーストラリア 勝ち 5000円→11500円
  • ザオプション 負け 5000円→0円

見事にハイローオーストラリア側のHigh予想が的中。両建てにより勝ち負けを相殺して、たった30秒で1500円の利益をゲットです。

このように、両建てエントリーでは「1回の利益は少ないけど、ほぼ確実に勝てる」っていう安定感を得ることが可能。コツコツ安全に稼ぎたい方にはこれがぴったりかなって。

では、続いての取引へ進みましょう。

両建て2回目:ザオプション側で勝ち

両建て2回目:ハイローオーストラリア側でHigh予想が外れ
両建て実践2回目:ザオプション側でLow予想が的中
  • ハイローオーストラリア 負け 5000円→0円
  • ザオプション 勝ち 5000円→10000円

ご覧のように、ザオプション側で勝った場合は差し引き0円となり、利益は出ません。

残念だけど、「絶対に損失を出さない」ことが両建てのメリットなので、これは仕方ないかなってwザオプションを使わないとペイアウト率が2倍を下回り損失が出てしまうので。

あと、両建ては30秒取引でこそ威力を発揮するので、もしザオプション側で勝ってしまっても次々にトレードをしていけばOK。まあ、回数の暴力で稼げればOKですよねw

というわけで、ある程度High・Lowの予想が付く場合は、本命をハイローオーストラリア側にするのがおすすめです。

両建て3回目:ハイローオーストラリア側で勝ち

両建て実践3回目:ハイローオーストラリア側でLow予想が的中
両建て実践3回目:ザオプション側でHigh予想が外れ
  • ハイローオーストラリア 勝ち 5000円→11500円
  • ザオプション 負け 5000円→0円

3回目は、上手いことハイローオーストラリア側でエントリーしたLowが的中。3回中2回の取引で利益を得て、サクッと3000円稼げたのでわりと好スコアですよねw

とまあこんな感じで「ほぼ負けない+少しずつ資金が増える」っていう手法として、この隠れ両建てエントリーを覚えておいて損はないかなって。

あと、スプレッド取引はある程度の値動きが無いとエントリータイミングが来ないので、チャートがしっかりとトレンド形成し動いていることを確認してから両建てをするのがコツですね。

ぜひまずは両業者のデモ取引を使い、両建てエントリーを実践してみて下さいませ。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

  • 業界No,1のペイアウト率
  • 稼ぐためのエントリーはここで間違いなし
  • 分析ができないものの、必ず持っておきたいバイナリー口座

\ 無料デモ取引・口座開設はコチラ /

ザオプション

ザオプション

  • 専用分析ツールを提供する隠れた優良業者
  • ハイローだけではできない、バイナリー特化の分析が可能に
  • キャッシュバックやドロー返金など細かいお得ポイントも多い

\ 無料デモ取引・口座開設はコチラ /

まとめ|ハイローオーストラリアは両建てが有効、ただし2業者で行うべき

まとめ|ハイローオーストラリアは両建てが有効、ただし2業者で使うべき
本記事のまとめ
  • ハイローオーストラリア単体での両建ては禁止!口座凍結されます
  • ハイローオーストラリアと「もう1つの業者」を使い両建てしよう
  • 両建ての相方はハイローオーストラリアに次ぐペイアウト率のザオプションがおすすめ

両建て禁止のハイローオーストラリアですが、ザオプションと組み合わせると疑似的に両建てをして安定的に稼ぐことが可能になります。

そもそもハイローが両建てを禁止したってことは、「両建てが稼げる攻略法」だってことの何よりの証明になるわけでw

ザオプションとの併用で、ハイローオーストラリアでの両建てをするのは非常に合理的だと僕は考えているわけです。

ぜひ、勝てないと悩んでいる方は両建てでコツコツ資金を増やすところから始めてみて下さい。

あと、この記事ではあくまでも主役をハイローオーストラリアにしてきましたが…。

  • キャンペーンの豊富さ
  • 専用の分析ツールの存在
  • 特定の取引のペイアウト率の高さ

↑この辺、ザオプションの方がハイローより優れていることもぜひ覚えておいてほしいなって。

両建てに限らず、2つの業者の「良いとこ取り」をすることで、バイナリーオプションの攻略はもっともっとラクになりますからね。

それでは、またお会いしましょう~!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる